ホーム > お知らせ一覧 > GMTO研究会平日勉強会(8/3開催)終了しました

GMTO研究会平日勉強会(8/3開催)終了しました

2016.07.13
更新

「私たちはなぜこころの苦しみから救われたか」? こころの苦しみを軽減する「自己受容」とは?

トークライブ形式で行います
中安大輔さん・友澤伸拓の2名、及び講座参加の方々によるトーク形式でのセミナー

<日時>8月3日(水)19~21時
<場所>浦和コミュニティセンター(パルコ10F)第4集会室
<料金>500円
<参加対象者>どなたでも
<主催>GMTO研究会
<ファシリテータ>友澤伸拓 (心理カウンセラー)

<セミナー主題>
中安さんは、DV、学生生活でのいじめ等過酷な成育歴、経験、さらに
18歳から35歳まで、就労するも20数回という転職を繰り返し、社会生活がうまく
いかずに、他責・自責によって抑うつ状態に長年苦しみ続けた人生でした。
しかし、最近になって「自分を認めてくれる」新たな仲間、共同体に出会い
今まで受け入れがたかった自分を受け入れ、
そのことで就労の道筋もつき、今日では自他ともに大きく変わったと認める
程、状況が明るいものになりました。

友澤は、数年前までうつ病とアルコール依存の底に沈み、数年間のひきこもり状態
人生への絶望、無力感から希死念慮を常に抱えていました。
とあるきっかけによって私も「自分を認めてくれる」新たな仲間、共同体に出会い
自らのうつ、依存を受容することで家庭生活・社会生活を取り戻し、現在
心理カウンセラーとしても活動させて頂いています。

この2人の心の問題を軽減させた、共通点「共同体、仲間との出会い」という観点や
「自己開示」「自己受容」そして「つながり感」というポイントを

※2人の生育歴と体験
※苦しみの原因はなんだったのか?
※苦しみを軽減させてくれたメカニズム
※その具体的に方法について

という進行で、心理学の観点からトーク形式で掘り下げていきたいと思います

トーク中にも、参加者の方々のご質問・ご意見等を積極的にお受けして
2名のトーク終始ではなく、参加型のセミナーに出来たらと思っています。

宜しくお願いいたします。